2011年9月1日

郵 便 事 業 株 式 会 社
代表取締役会長 鍋倉 眞一 殿

郵 政 労 働 者 ユ ニ オ ン
中央執行委員長 松岡 幹雄

2011年度年末年始繁忙要求書

  今年度の年末年始繁忙は郵政始まって以来の厳しい経営状況の中で迎える繁忙である。「危機感」だけを前面に押し出すような業務運行や営業活動ではなく、社員の信頼に基づいた計画と業務運行の確立が不可欠である。
  2011年度の年末年始繁忙にあたり、安定的な業務運行の確保と社員の労働条件を確保するために、下記のとおり要求書を提出するので、誠意ある回答を求めます。

1.「平成23年度年末年始業務運行推進の基本方針・要綱」を早期に情報提供すると
ともに、今期の年末年始繁忙に対する基本的な考え方を示すこと。

2.今期年末年始繁忙は「3・11東日本大震災」及び「福島第一原発事故」からはじめての繁忙である。東北地方における被災地の実情を十分把握した上で、被災地における年末年始繁忙計画は被災地の復旧・復興、被災者の支援、従事する社員の労働条件確保を何よりも優先して策定すること。

3.年末年始繁忙期の職場における労使の意思疎通は極めて重要であるにもかかわらず、分会・支店段階において「13項目」が未提示の実態にある。「年末年始運行に関する労使間の意思疎通」に基づき、誠意を持って対応すること。また、地方本部の要求に対しては、できるだけ早く回答し、交渉を行うこと。地方交渉及び分会交渉は遅くとも11月末までに終了すること。

4.10月1日現在の郵便事業会社の正社員数及び欠員状況、短時間社員、高齢再雇用社員の雇用人員を明らかにし、短期の期間雇用社員の確保を軸とした年繁までの労働力対策を示すこと。

5.すべての郵便関係社員に1月1日から1月3日までの間に必ず1日以上の休日を確保すること。また「年始特別休暇」(1月2日、3日)期間に過度の週休・非番指定を行なわないこと。

6.年賀はがきの営業販売に関して
(1)昨年末にマスコミにも取り上げられた「横浜支店」における問題、今年の「かもめーる」販売での広島東支店におけるコンプライアンス違反、そして先に要求書を提出した「震災復興記念切手」をめぐる営業問題など、不適正な営業活動が後を絶たない現状にある。今期の年賀はがきの営業販売に関する考え方を明らかにするとともに、不適正な営業活動を根絶させるための具体的方策を示すこと。

(2)過度の営業目標の設定と営業活動の押しつけによる、いわゆる「自爆営業」は絶対に行わないよう指導すること。

(3)「特定商取引に関する法律」(特商法)に基づく、販売マニュアル及びコンプライアンスを徹底すること。

(4)郵便内務社員の営業活動は2010年度年末年始繁忙要求における会社回答(注)を遵守すること。
※(注)
T.「チーム内作業の工夫により営業時間を生み出し、窓口営業、各種申請者の受付時の勧奨、支店周辺での営業活動等により営業活動を実施する
U.「実需のない買い取りや不適正な営業を行わないよう指導する」
V.「勤務時間内の営業活動」

7.お歳暮ゆうパックの業務運行について
(1)お歳暮ゆうパックについては、宅配便事業統合に伴う昨年7月のお中元ゆうパックの大量遅延という事態を再演させてはならない。お歳暮ゆうパックの円滑な業務運行を確保するために、ゆうパックサービスレベル変更に伴う、運送便・ターミナルの整理・変更後の業務運行状況を点検し、全社員に対する事前の業務研究会を十分に行うこと。その上で社員の意見を反映した、それぞれの支店の実態を踏まえた業務及び要員配置計画とすること。

(2)支店と委託者の事前の打ち合わせを十分行い、円滑な業務運行及び、委託者の労働条件を踏まえた計画とすること。

(3)お歳暮ゆうパック対策の分室及び仮設計画を支社別に明らかにすること。

8.期間雇用社員の処遇改善のために以下の措置を講じること。
(1)「年末年始勤務手当」を支給すること。

(2)「冬期休暇」を付与すること。

(3)時給制契約社員の賃金単価を割増すること。また、アルバイトの賃金単価を下回らないようにすること。

9.インフルエンザ対策も含め、すべての社員の健康管理対策に万全を期すこと。

10.勤務時間管理に関して
(1)今年7月、横浜支店における2008年12月期の「違法残業」で郵便事業会社と当時の集配課長が労働基準法違反容疑で横浜北労基署から書類送検される事態が発生した。会社は昨年の要求に対して「36協定の遵守など勤務時間管理の徹底について指導済みである」と回答しているが、職場での実態は全く改善されていない。改めて、勤務時間管理に対する考えを明らかにするとともに、賃金不払い労働の根絶に向けた具体的な方策を示すこと。

(2)賃金不払い労働が発生した場合は責任を持って、適切な措置を講じること。

以上

 
トップへ
 
 

 


郵政労働者ユニオン
〒101-0021
東京都千代田区外神田6−15−14
外神田ストーク502号室
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
 e-mail : postunion@pop21.odn.ne.jp


(Web Master 多田野 Dave
Copyright (c) 2011 Tadano Dave. All Rights Reserved
 
         
トップページへ
ヒストリー
郵政全労協の主張
郵政全労協新聞
リーフレット
只今交渉中
只今争議中
リンク集

伝送便ゆうせい非正規労働センター郵便Watch労働情報レイバーネットへ
ガンバレ闘争団