2010年9月24日

郵 便 事 業 株 式 会 社
代表取締役会長 鍋倉 眞一 殿

郵 便 局 株 式 会 社
代表取締役会長 古川 洽次 殿

株 式 会 社 ゆ う ちょ 銀 行
取締役兼代表執行役会長 川 茂夫 殿

株 式 会 社 か ん ぽ 生 命 保 険 
取締役兼代表執行役会長 進藤 丈介 殿

郵 政 労 働 者 ユ ニ オ ン
中央執行委員長 松岡 幹雄

21万非正社員の公正・公平な正社員化を実現するための
第二次要求書

  期間雇用社員の正社員登用第一次審査の結果が発表され、今後第二次審査そして最終結果を迎えようとしている。
  第一次審査の出題内容は多くの受験者にとって「これでどんな正社員像を会社は求めているのか」と目を疑わせるものだった。受験番号も関係なく入場した順に席につく、肘がぶつかりあうような狭い会場もあったなどずさんな運営が目立ち、登用自体を会社は軽視しているのではないかとの失望感も一部には生み出した。

  今回34,098人が応募した中で33,279人が受験し13,464人が第一次審査を合格したとされる。
  しかし、本正社員登用は「非正規社員を含めて、現場で働いている人たちが仕事に誇りを持ち、将来に希望を持って働いていけるような環境をつくる」(3月18日斉藤社長)という会社としての雇用制度の抜本的転換を果たすためのものである。「希望者は原則全員正社員化」の方向をぶれさせることなく実現しなければならない。

  会社はこれまで「正規社員と期間雇用社員では、雇用期間、職務の内容、人材活用の仕組みや運用等に違いがあり、そうした相違に基づき、各種労働条件を設定している」(10春闘要求への回答)と、会社が決めた枠と働く者個人の主体的な選択を混同した理由をもって格差を合理化してきた。
  しかし、少なくとも今回一次審査を応募した34,098人は、期間雇用社員としての雇用ではなく正社員選択を表明したのであり、全員が3年以上就業している実績とあわせみるならばすでに正社員化されていなければならない社員である。
  下記のとおり要求するので早急に回答を行い交渉に応じられたい。

  郵便事業会社    郵便局会社    ゆうちょ銀行    かんぽ生命

 *要求書は各会社ごとにPDFファイルで開きます

以上

 
トップへ
 
 

 


郵政労働者ユニオン
〒101-0021
東京都千代田区外神田6−15−14
外神田ストーク502号室
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
 e-mail : postunion@pop21.odn.ne.jp


(Web Master 多田野 Dave
Copyright (c) 2010 Tadano Dave. All Rights Reserved
 
         
トップページへ
ヒストリー
郵政全労協の主張
郵政全労協新聞
リーフレット
只今交渉中
只今争議中
リンク集

伝送便ゆうせい非正規労働センター郵便Watch労働情報レイバーネットへ
ガンバレ闘争団