ヘッドライン10
 

春闘ニュースNo.9

「10春闘要求」回答、4会社から出る。
月給制契約社員の月額「2000円」引上げ
住宅手当(住宅ローン2000万円超)「1000円」引上げ
年間一時金「4.30月+α」
(夏;2.15月、冬;2.15月+α)

  3月18日18時を前後して、事業会社、局会社、郵貯銀行、かんぽ生命の各社から回答が出されました。
春闘要求回答  すでに、組合員にはメール配信していますが、月給制契約社員だけのベースアップであり、納得できる回答ではありません。さらに、一時金は、昨年より「0.1月」引き下げられています。

  私たちは、これまで5回の団体交渉を持ち、ユニオンの考え方、職場労働者の実情をつぶさに伝えてきましたが、会社側の回答は、全く誠意のないものです。
  「厳しい経営環境の中、円滑な会社運営や業績向上に向けた社員の取組については高く評価しているところである。」としながら、日本経済は来年度も厳しいし「営業収益、営業・経常利益は、公社以降最大の減少となった昨年度からさらに大きく落ち込む見込み」「基準内賃金水準の引き上げを行う環境にない。」という会社の回答です。JPEXでの莫大な損失、会社幹部による億単位の不正損失、収益・利益の減少はすべて経営責任です。

郵政労働者ユニオンは、今後も交渉を継続します。
「希望者全員の正社員化」を勝ち取りましょう!

  回答では、
 ・住宅手当が1000円引き上げ。(新たに住宅を新築・購入する者で、住宅ローンが2000万円超の場合。現行一律5200円から5200円、6200円の2 段階へ。)
 ・労基法改正を受けて時間外割増率が4月から一部引き上げられます。(「2ヶ月で81 間超」及び「年間で360時間超」は30/100、「月60時間超」は50/100。)
 ・自転車等の通勤手当額は、4月から時給制社員も正社員と同様とする。(往復の通
勤距離÷燃費×ガソリン価格×1ヶ月の勤務日数)
 ・特別休暇4月から新設(1.感染症予防法に基づく交通遮断又は隔離、2.風水震火
災その他非常災害による交通遮断、3.風水震火災その他天災地変による社員の現住
居の滅失又は破壊、及び4.その他交通機関の事故等の原因により出勤不可能な場合)
 ・4月から育児・介護休業法改正に伴い、全社員について、1.子の看護休暇の見直し、及び2.介護休暇の新設を併せて実施する。

  また、要求の大きな柱の一つである「正社員化」「登用基準」については、亀井大臣や斉藤社長の国会答弁などで大きく注目するところですが、回答は「本年度の正社員登用数を上回る登用を行うとともに登用要件を満たすための環境を整備するため、現在、具体的な方策について鋭意検討を進めているところであり、別途回答することとしたい。」というものです。

  私たちは、この回答をもとにさらに交渉を進めていきます。特に「正社員化」「均等待遇」の要求は、民営化見直しの国会の動きと連動した交渉も行います。
  4月13日は、午前中に議員要請行動、午後から院内集会を予定しています。
  多くの皆さんの参加をお願いします。

line

署名取り組み並びにストライキ支援の御礼

2010年3月23日
 関係各位

郵政労働者ユニオン
中央闘争委員会
委員長 松岡幹雄

  拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

  さて、私たち郵政労働者ユニオンが今春闘の一環として取り組みました、郵政非正規労働者の均等待遇の署名活動並びに3月18日に決行いたしましたストライキに際しましては、皆様より多大なご支援ご協力を頂きましたことに、心より御礼申し上げます。

  ご協力を頂きました非正規署名は25000筆を超え、闘いの大きな力となりました。
  3月4日には郵政本社前にての集会を勝ち取り、引き続いての院内集会の中で総務省並びに日本郵政本社に対して、非正規労働者の声を直接つたえ、署名提出を行ってまいりました。
お礼状  院内集会での議員との懇談要請には塩川てつや衆議院議員、山下よしき参議院議員、服部良一衆議院議員、他に社民党副党首又市征治参議院議員の前田政策担当秘書をはじめたくさんの議員関係者に参加ご協力をいただきました。

  また3月18日のストライキは、郵産労・郵政ユニオン両組織の統一ストライキとして、ナショナルセンターの違いを越えた闘う労働組合の共同行動が、はじめて実現しました。

  今国会での郵政民営化見直し法案の提出が現実のものとなろうとしておりますが、郵政民営化をどう見直すのか、その詳細は現政権の中でも必ずしも明確ではありません。
  私たちは郵政事業を公共サービスとして市民・利用者の手に取り戻し、そこで働く労働者、とりわけグループ全体で21万ともいわれる期間雇用社員の生活と労働条件を守る闘いに全力をあげる決意です。今後とも変わらぬご支援をお願い申しあげます。

  本来ならば直接お伺いいたしまして、御礼を申し上げるべきところでございますが、未だ春闘の闘いの渦中という状況もありまして、取り急ぎ書中をもちまして、闘いのご報告と御礼を申し上げます。

敬具

line

 
トップへ
 
 


郵政労働者ユニオン
〒101-0021
東京都千代田区外神田6−15−14
外神田ストーク502号室
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
 e-mail :postunion@pop21.odn.ne.jp


(Web Master 多田野 Dave
Copyright (c) 2010 Tadano Dave. All Rights Reserved
 
         
トップページへ
ヒストリー
郵政全労協の主張
郵政全労協新聞
リーフレット
只今交渉中
只今争議中
リンク集

伝送便郵便Watchyui労働情報レイバーネットへガンバレ闘争団