ヘッドライン10
 


10春闘ニュースNo3

200人の結集で3・4本社前集会を成功させる
正社員化」の実現を強くアピール!!

本社前行動

本社前行動  政権交代と民営化見直し、亀井郵政担当大臣の「非正社員の正社員化」発言など、昨年 とは大きく変化した中で、3月4日「10春 闘勝利!非正規雇用労働者の正社員化と均等 待遇を求める本社前要請行動」が取り組まれ ました。
  三組合共催によるこの集会にはユニオンは全国から非正規の組合員も多数含め、50人を越える組合員が参加し、全体の参加者も200人に上りました。
本社前行動

本社前行動

 

 


  須藤ユニオン書記長の司会のもと、まず主催者を代表して山崎郵産労委員長が「変化をチャンスに。力を合わせて元気良くがんばろう」とあいさつしました。
本社前行動  連帯のあいさつは藤崎全労協議長、小田川全労連事務局長、そして「年越し派遣村」で中心的な役割を担い、昨年「非正規労働者の権利実現全国会議」を結成した日本労働弁護団の棗一郎弁護士が行いました。

松岡委員長  この行動に向けて取り組んだ署名活動を含め経過報告を松岡ユニオン委員長が行った後、全国から参加した6名の期間雇用社員がそれぞれ力強く正々堂々と自らの思いを日本郵政本社にぶつけました。
期間社員自らアピール


郵政倉敷労働組合川上委員長 

 

 

 

 

  川上郵倉労委員長がアピール文を読み上げ、最後に日巻郵産労書記長が「この1 0春闘で非正規労働者の思いを実現させる目に見える闘いを作り出そう」と集会のまとめを行いました。
  何よりも参加者一人ひとりの思いと熱意が溢れる集会・行動でした。

10春闘勝利!非正規雇用労働者の正社員化と均等待遇を求めるアピール (PDF214KB)

シュプレヒコール

非正規雇用労働者の正社員化と均等待遇を求める院内集会
署名25,235筆を手渡し、
日本郵政、総務省、国会議員に要請・意見交換

期間社員自ら署名を手渡す  午後からは「郵政労働運動の発展をめざす全国会議」主催での院内集会が開かれ、期間雇用社員の仲間を中心に満員の86名が参加しました。

  第1部は、日本郵政、郵便事業、郵便局、ゆうちょ、かんぽ生命の各社の人事担当が出席しての意見交換。全国からの署名25,235筆を日本郵政に手渡しました。
  意見交換では、日本郵政各社の期間雇用社員に対する差別や冷遇に怒りの声をぶつけました。
  第2部は、総務省の郵政行政部企画課から2名の責任者を交え要請・意見交換を行いました。
院内集会  第3部は、国会議員との懇談を行い参加者から多くの要望や意見が出されました。参加議員は、共産党の塩川さん、山下さん、社民党の服部さん、他に社民党副党首又市参議院議員の前田政策担当秘書をはじめたくさんの議員関係者にきていただきました。

  これらの場で出された意見を職場に反映させるために、郵政ユニオンは、10春闘交渉に全力を挙げて取り組みます。全国の仲間の皆さん、大変ご苦労さまでした。

2.28近畿郵政労働者決起集会に150名!

  2月28 日(日)郵政ユニオン近畿地本と郵産労近畿地本が中心となり近畿郵政労働者決起集会がおこなわれた。
近畿春闘集会  昼前からJR大阪駅近くの旧大阪中央郵便局前で非正規労働者の正社員化と均等待遇を訴える情宣行動を展開。午後からは東淀川人権文化センターで龍谷大学教授脇田滋さんから非正規労働者の均等待遇と10 春闘をテーマに講演があり、日本の非正規労働者に対する待遇が世界常識とかけはなれている実態が赤裸々に紹介された。

  最後に労働者・国民が安して働くことのできる社会への転換実現のため春闘を闘いぬくことを全員で確認した。

 
トップへ
 
 


郵政労働者ユニオン
〒101-0021
東京都千代田区外神田6−15−14
外神田ストーク502号室
TEL:03-3837-5391 Fax:03-3837-5392
 e-mail :postunion@pop21.odn.ne.jp


(Web Master 多田野 Dave
Copyright (c) 2010 Tadano Dave. All Rights Reserved
 
         
トップページへ
ヒストリー
郵政全労協の主張
郵政全労協新聞
リーフレット
只今交渉中
只今争議中
リンク集

伝送便郵便Watchyui労働情報レイバーネットへガンバレ闘争団