4・28最高裁で大勝利!
28年目に「原告7人全員の免職処分撤回」確定

  昨日07年2月13日、最高裁は「郵政公社の上告受理申立を不受理=却下」を決定し、マスコミ各紙等も“28年目にしての勝訴確定”を報道した。
  04年6月30日東京高裁の「原告7人全員の処分撤回・地位確認」という逆転大勝利判決は、提訴時効無しの「処分の無効確認」訴訟と「処分の取消」訴訟両方で「闘争指導者には軽く、指導された一般組合員には重い首切り処分」という理不尽を指弾した。
  この国家による不当処分・悪逆非道に対する大勝利は、4・28反処分に心を寄せてくれた全ての皆さんの大勝利だ。28年間もの長きを支え連帯し続けてくれた皆さんに、心から感謝します。

  2ヶ月にわたり全国の郵便局で「反マル生越年・物溜め」闘争をした事への1979年4月28日の報復処分。この報復に屈し変節した全逓(現JPU)本部による4・28免職者への裏切りと敵対、91年の組合からの排除。これらに抗した自立自闘の歩みを共にしてくれた全国の仲間と共に、カンパーイ!

  今回の私たちの勝利は、郵政公社の敗北であると同時に、政府自民党の労戦再編深謀の通り免職者を切捨てた全逓(現JPU)本部の敗北である。この深謀からすれば「在ってはならない」はずの、郵政ユニオンなど郵政現場の仲間、全労協など地域の仲間、国鉄闘争や東京総行動や弁護団等々の努力が、今日の勝利と
なった。本年10月の「郵政民営化」反対運動等にもこの勝利を活かしていきたい。

  今後も、職場復帰に関する当局との交渉や謝罪要求など、最後の総仕上げの闘いも控えている。引き続きご支援連帯をお願い致します。

(4.28ネットニュース号外より転載)

 
トップへ
 
 


郵政労働者ユニオン
東京都千代田区岩本町3−5−1スドウビル 郵政共同センター
  Tel:03-3862-3589  Fax:03-3865-2832
 e-mail :postunion@pop21.odn.ne.jp


(Web Master 多田野 Dave
Copyright (c) 2006 Tadano Dave. All Rights Reserved
 
         
トップページへ
ヒストリー
郵政全労協の主張
郵政全労協新聞
リーフレット
只今交渉中
只今争議中
リンク集

伝送便郵便Watch4・28ネット労働情報レイバーネットへガンバレ闘争団